水に水素を注入しても効果なし

★水に水素ガスを充填しても効果なし

最近、奇跡の水の正体は、活性水素を多く含んだ水であることが研究でわかってきました。

 

では、どうやったらその奇跡の水と同じ水を手軽につくれるのでしょうか?

 

水に水素ガスを注入し、奇跡の水を作る研究がありました。
単純に水素ガスを添加した水です。そして、どの物質が活性酸素を除去するのか?を調べる研究です。

 

この水素ガスを添加した水は、測定器では還元力があることを示すマイナスの酸化還元電位を示しました。
電気分解で作られる電解還元水の酸素濃度、高い溶存水素濃度と、表面上同じ数値になる水をつくりましたが、この水をいくら活性酸素除去に使っても、活性酸素を除去する効果は無かったことが確認されました。

 

水素ガスを添加した水素は非常に安定しているため、活性酸素を除去する働きは備えていない。つまり、活性酸素を取り除くには、水素分子でなく、原子状の活性水素でなければ、活性酸素除去の効果が無いことが確認されたのです。

 

やはり、電気分解によつて活性水素を発生させた還元水でなければ、活性酸素を除去してくれないことがあきらかになりました。

奇跡の水の正体は?

世界に点在する奇跡の水は、いまでも多くの疾病患者や生活習慣病、アレルギー体質で悩む人々を助けているといいます。
それと同じような効果が、ふだんの生活のちょっとした工夫で手に入れることができるなら、どんなにすばらしいことでしょうか。

 

この『不思議な力を持つ水』を求めてトラコテを訪れた人は、今では1日に数千人、これまでに世界中から延べ800万人以上に上り、水を飲んだ多くの人が奇跡を体験しています。
トラコテの水が持つ不思議な力とは、腰痛、糖尿病、アレルギー、アトピー、喘息、B型肝炎など、様々な病気が癒されるというものです。
更には、エイズや癌など治療が困難な難病にも効果があるといわれ、HIVウィルスに感染した元MBAプロバスケット プレイヤー、マジック・ジョンソン氏もトラコテを訪問したとのことです。

 

トラコテの水についても、科学的な分析が行われました。
九州大学の白畑實隆教授によって。【トラコテの水】には、活性水素が非常に多く含まれていたことが発見されました。
トラコテの水には、通常の水の10倍にあたる、1ppb/mlもの活性水素が含まれていました。
私たちの体内に発生した活性酸素は生体や細胞を傷つけて様々な病気を引き起こします。
その活性酸素とこのトラコテの水の活性水素が結びつき、毒性を除去し副作用の無い水となって体外に排出されたのではないか?と分析されています。

 

 

奇跡の水の正体は?