電解還元水は二日酔いにも効果あり

★電解還元水は二日酔いにも効果あり

年齢を重ねると、お酒を飲んだ次の日までのこおってしまうことがあります。
若いときはそんなことがなかったのに、年を取ると翌日までお酒がのこってしまうのは、年齢のせいでしょうか?

 

まず二日酔いを引き起こす原因はアセトアルデヒドと言われています。
アルコールが体内にはいると、アルコール脱水酵素とカタラーゼ酵素などの作用でアセトアルデヒドに変わります。
アセトアルデヒドは酢酸と水に分解され、体の外に排出されます。問題なく排出されれば二日酔いは起こりません。

 

しかし、この水と酢酸に分解する時に、アセトアルデヒド脱水素酵素の作用が必要になるのですが、基本的に日本人はこの酵素が少ない人種だと言われています。この酵素が少ないとアセトアルデヒドが分解されていない時間が長くなると、酔いが取れずに二日酔いの苦しみが続くことになります。このアセトアルデヒドが放出する活性酸素の影響で気分がわるくなったり、顔が赤くなったり、気分が悪い、顔が赤くなったりするわけです。

 

電解還元水を飲むと二日酔いしないと体験者の多くが言われています。
電解還元水がこのアセトアルデヒドと活性酸素を除去し水に変えて対外に排出すると考えられています。
お酒を飲んだ時は、電解還元水を飲むことが二日酔いに一番効果があり、理論的にもつじつま会います。活性酸素の攻撃と肝臓を守るにも特効薬になるわけです。